このたび、初めてバリウム検査をしたので、ブログに書いてみることにします。

今回は、日頃から通院しているかかりつけの内科で検査を受けます。普段はバリウム検査を実施しているわけではなく、検査のために医師が来ています。

ここからはあくまでこの医院とこの医師のやり方で、他とは異なることがあります。検査の際は、その医師の指示に従ってください。

前日は21時までに夕食を済ませる必要があります。朝は何も食べずに、薬も飲まずに検査を受けます。

今回は、腹部のエコー検査も同時に実施でしたので、最初にこの検査を受けます。10分くらいかかったのかな?押されることがあるので少々痛みがありますが、特に検査を受けるのに苦痛はありません。

エコー検査が終わると、バリウム検査の前に肩に注射を打ちます。胃の動きを弱めるものらしいです。

いよいよレントゲン室へ。初めに検査着へと着替えます。(その後最初にバリウムを一口だけ飲んだような。続いて発泡剤を飲みます。ここからゲップが出やすくなります。)
※()内の順序は逆かもしれません。

発泡剤を飲んだら、残りのバリウムをすべて飲み干します。今回使われたバリウムはバニラの香りが付いていました。バリウムの量は200mLでした。ゴクゴク飲めるものではありません。

ここからは、医師の指示に従ってぐるぐる回ります。台も動いて、体勢を変えながら撮影を続けていきます。とにかく、指示に従いましょう。

おそらく10分くらいで終了しました。口をゆすいで検査着から着替えて検査は終了です。

検査後かかりつけ医から検査結果の説明を受け、下剤をもらって帰宅します。

続きを読む