むっくんの気のおもむくままに

2017年06月

2017年6月19日、日本郵便e発送サービスのスタートを発表した。フリマサイトやオークションサイトと連携し、宛名書き不要・割安な料金でゆうパケットゆうパックの利用を可能にする。運賃体系は利用するサイトにより異なる。

e発送サービスはLoppiが設置されているローソン、もしくはゆうプリタッチという独自の端末を設置している郵便局(集配を担当している大きな局)から発送することが可能。なお、提携するサイトはフリルメルカリモバオクヤフオクラクマの5サイト。

なお、ヤマト運輸とフリマサイトが提携して類似のサービスを提供しているサイトもあるため、サービス面も同じようなものであるため、ヤマト運輸の独壇場だったフリマサイトとの連携に日本郵便が割って入ることによって、今後どのような変化が生まれるのかは注目である。

メルカリでは、既にヤマト運輸と提携してらくらくメルカリ便を提供している。6月20日から日本郵便のe発送サービスを使ってゆうゆうメルカリ便を提供する。

比較

メルカリ便の比較
らくらくメルカリ便 ゆうゆうメルカリ便
発送箇所 ヤマト運輸の営業所
ファミリーマート
サークルKサンクス
郵便局(一部)
ローソン
集荷 (+30円)
ネコポスは不可
×
匿名配送
補償
受取箇所 自宅
(クロネコメンバーズ会員なら、取扱店等で受取可能)
自宅
ローソン
ミニストップ
はこぽす
小型 ネコポス
(31.2×22.8cm以内、1kg以内)
195円
ゆうパケット
(長辺34cm以内、厚さ3cm以内、
3辺60cm以内、1kg以内)
175円
小~中型 宅急便コンパクト
(専用資材2種)
380円+資材代65円
中~大型 宅急便(全国一律料金) ゆうパック(全国一律料金)
各サイズ30kgまで
60サイズ
(2kgまで)
600円 60サイズ 600円
80サイズ
(5kgまで)
700円 80サイズ 800円
100サイズ
(10kgまで)
900円 100サイズ 900円
120サイズ
(15kgまで)
1000円 ゆうパックは100サイズを超える荷物の発送は不可
140サイズ
(20kgまで)
1200円
160サイズ
(25kgまで)
1500円
情報は2017年6月19日現在

まとめると、

  1. 小型の荷物はゆうパケットの方が割安。ネコポスと違い、A4サイズが折らずに入れられる角形2号封筒が使用可
  2. 宅急便コンパクト(いわゆる50サイズ)の宅配サービスはヤマト運輸が割安
  3. 3辺のサイズが同一であれば値段は一緒。ただし、重いと重さによって値段が左右されないゆうゆうメルカリ便の方が割安。
  4. ゆうゆうメルカリ便は100サイズを超える荷物の発送が不可(契約の問題と思われる) おそらくコンビニ受取が100サイズまでしか対応できないためと思われる
  5. 集荷はヤマト運輸のみ対応
という違いがある。

持ち込める大きさの荷物であれば、近くにどちらの取扱店があるかでらくらくメルカリ便なのか、ゆうゆうメルカリ便を使うのかが決まりそうである。

リンク

みなさんは知っているだろうか?#9910という番号がどんな番号か。この番号は、道路緊急ダイヤルで、道路の異常を道路管理者に伝える緊急通報のダイヤルである。

路肩に落下物が落ちていて、自転車が危険そうに回避するので、通報してみることにした。#9910にかけると、音声ガイダンスが流れる。高速道路が1、名古屋高速が2、愛知県管理の有料道路が3、その他が4を押してくださいとのこと。かけた場所によって音声ガイダンスは異なるはず。今回の現場は市道なので4を押すと、どこかにつながった。

担当者に落下物がある旨を伝え、場所が聞かれたので場所を答える。自宅付近だったこと、目標となる建物があったので説明は簡単だったが、何もないところだと難しそう。その後、落下物の詳細を聞かれる。何が落ちているのか、その大きさ、材質などである。最後に、場所などの確認のため名前と連絡先を教えてほしいと言われ、伝える。道路管理者である名古屋市に伝えて対処させると言われ、通報は終了。

その後数分で、道路管理者の名古屋市の担当部署から場所の確認の連絡があり、業者に回収させると言われた。

事故などが発生していれば、110番通報すべきであるが、今回のような道路の異常は#9910に通報するのが適切だと思われる。

6月1日に発表がありましたが、ローソン楽天ペイが8月より導入されることになりました。
ニュースリリース→楽天ペイ
ニュースリリースによると、楽天ペイで支払うと200円で1ポイント貯まるほか、貯まった楽天スーパーポイントでの支払いも可能になるとのこと。

既にローソンではPontadポイントが導入されており、楽天ペイでの支払いで新たに楽天スーパーポイントも貯まるようになります。楽天ポイントカードの導入とは異なり楽天ペイでの支払いが必要ですが、これまで以上にローソンで楽天スーパーポイントが貯まりやすくなったことはいうまでもありません。

ローソンと言えば、多数の支払い方法が用意されているコンビニでもあります。

  • クレジットカード
  • VISA、Master、JCBなどの他、銀聯クレジットも利用可
  • 電子マネー
  • 楽天Edy、WAON、iD、QUICPay、交通系電子マネー
  • JCBプレモカード
  • バーコード決済
  • LINE Pay、支付宝(Alipay)+楽天ペイ
  • デビットカード
  • ゆうちょ銀行など一部。J-Debitとは異なる。

この他にも、決済手段ではありませんが、レジで各種カードのチャージが可能です。

  • 電子マネー
  • 楽天Edy、WAON、交通系電子マネー
  • ブランドプリペイドカード(クレジットカードの加盟店で残高の範囲で使用できる)
  • おさいふPonta、 au WALLET プリペイドカード、WebMoney Card、LINE Pay カード、JTB 旅プリカ、dカード プリペイド
  • JCBプレモカード

といった具合に、ここまで多くの決済手段を提供している店舗は小売業全体を見渡してもまれで、新しい決済手段をどんどん取り入れている数少ない企業と言えます。レジの操作は複雑になりそうですが、今後とも多様な決済手段を導入していってほしいと思っております。

このページのトップヘ